健康

病人に嬉しい青汁の成分とは

「病人に嬉しい青汁の成分とは」

青汁にはいろいろな病気に効果を発揮します。
それはどのような成分によるものでしょうか?

アトピーにかかっている人はまず体質改善が必要となります。
体質改善には青汁が効果的で特にケールの効能が期待できます。
ケールには体内の血液の酸性度を下げて、保水力を上げることでかゆみを起こさないようにする効能があります。
青汁を飲むことで無意識にかきむしる行動を減らすことが期待できます。

青汁は痛風に効き目があると言われています。
なぜかというと青汁にはビタミンAが豊富に含まれているからです。
ビタミンAは尿酸値を下げる効果があり、痛風の治療には欠かせないものです。
投薬治療までいかない場合の痛風には、青汁などでビタミンAを摂取して尿酸値を下げています。
もちろん健康的な食生活を送った上で青汁を飲むという大前提です。

青汁は高血圧や糖尿病など生活習慣病にも効果を発揮します。
血圧を下げる効果はカリウムによるものです。
むくみをとったり血液をさらさらにしたりします。
血糖値を下げるのは食物繊維を多く含む食品です。 大麦若葉の青汁に含まれるビタミンA・C・Eに発ガンの抑制効果があると言われていて、
さらに抗酸化作用にも優れているので体の酸化を予防して、酸化によって細胞が傷つくのを防いでくれます。
また、この抗酸化作用で血管を補修して強くし、動脈硬化の改善や予防に効果を発揮します。

さらに青汁に含まれる豊富な栄養素によってナチュラルキラー細胞を活性化し、病気予防もできます。
つまり体の免疫力を高めることができるのです。
加えて、体をさびさせる原因となる活性酸素を除去する働きがあるとも言われています。
体をさびさせるだけでなく、体内の細胞を傷つけることもあり、活性酸素が増えると老化につながったり、発がんの可能性も出てきます。

このように青汁にはいろいろな病気に効果を発揮する成分を含んでいますが、健康食品ではないので効果に即効性はありません。
毎日飲み続けることが大事で、最低でも1ヶ月は飲み続けなくてはいけません。
定期的に飲むのではなく、決められた量を毎日飲むことが健康へとつながっていくのです。
こちらのオススメサイトhttp://aopon.jp/も、参考になります。

Menu