健康

病人に嬉しい青汁の効果とは

「病人に嬉しい青汁の効果とは」

病気にかかっている方は食べたり飲んだりするのがやっとで思うように栄養補給ができない場合があります。
そんなときは青汁が役に立ちます。
青汁には糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維と栄養素がたっぷり詰まっています。
しかもこれを飲むだけで摂取することができるので、栄養補給がままならない病気の方には絶好の飲み物と言えます。
見た目は元気そうな人でも糖尿病や高脂血症、高血圧症などといった生活習慣病にかかっている人はたくさんいます。

今や生活習慣病は国民病となってしまっています。
その原因は食生活の欧米化と言われています。
戦後から50年以上経ち、肉や卵、牛乳・乳製品を摂る量が20倍にも増え、動物性たんぱく質や脂肪の摂取量が格段に増えました。
なのに野菜の摂取量が増えることはなく、こんな食生活から生活習慣病を引き起こしてしまったのです。

生活習慣病を予防、または改善するためにはどうしたら良いのでしょうか?
食生活の見直しはもちろんのことで、特に野菜を重点的に摂取しなくてはなりません。
1日の野菜の摂取量の目安は350グラムですが、現代人の平均は約295グラムで目安まで摂取するのはなかなか難しいことです。

そこで青汁の出番です。
青汁はいろいろな野菜の成分が含まれ、しかも通常ではなかなか食べることができないケール、ゴーヤ、明日葉などのさらに栄養たっぷりな野菜も含まれていて、
飲むだけで野菜の栄養分を摂取することができます。
青汁を飲むだけで不足しがちな野菜を摂取することができ、慢性的な野菜不足を解消することができるのです。
青汁を飲むことで生活習慣病の予防と改善に効果が出ることは間違いありません。

しかし、まずは食生活をきちんとすることと、そこに運動も加えなくてはいけません。
規則正しい食生活と適度な運動をして、さらに青汁を継続して飲むことでより一層生活習慣病の予防と改善に効果が出ることになるのです。
規則正しい生活習慣と青汁で元気な毎日を送りましょう。
こちらのサイトhttp://www.onusida-aoc.org/にも青汁の基本情報について書かれています。是非ご覧ください。

↓青汁の詳しい成分についてはこちら

Menu