健康

高齢者に人気の青汁

「高齢者に人気の青汁」

青汁を一番長く飲み続けている方々といえば高齢者でしょう。
苦くて飲みにくいころから体にいいからと言ってがんばって飲んでいた方は多いはずです。
そんな高齢者の方々に人気の青汁とはどんなものでしょうか?
何種類か紹介していきましょう。

神仙桑抹茶ゴールドは抹茶味で飲みやすく、青汁というより健康茶のグリーンティーのような口当たりです。
自社農園で栽培された桑の葉と緑茶、シモンを主成分としており大変栄養価の高い原材料となっています。
無農薬で添加物は一切含まれておらず、徹底的に高品質にこだわっています。
桑の葉を使った青汁の特徴はこちら。

やずやの豆乳青汁は豆乳飲料のようなおいしさがあり、とても飲みやすい青汁です。
原材料は六条大麦若葉が使用され、イソフラボンや良質なタンパク質が豊富に含まれている大豆やホタテ由来の貝カルシウムも配合されているので、
不足しがちなカルシウムも一緒に摂ることができます。

青汁といえば有名なキューサイから発売されているはちみつ青汁も人気があります。
はちみつを配合することによって、昔とはガラッと変わって飲みやすくおいしくなりました。
原材料は自社栽培の国産ケールで、苦味の強いケールに山田養蜂場のはちみつを配合して飲みやすくしてあります。
ビタミン・ミネラル・食物繊維をはじめタンパク質や脂質、糖質やナトリウム、などが含まれ、栄養価は抜群に高くなっています。

ふるさと青汁も人気があります。
原材料は明日葉ですが、とても栄養価が高いと評判になっています。
明日葉に含まれているカルコンという成分が、血糖値に効果があると知られるようになって、糖尿病に悩む人々に人気を集めています。

青汁三昧はテレビCMでお馴染みの人気商品です。
ケールと大麦若葉、ゴーヤを主成分としていますが、飲みやすくしてあり、さらにビタミンや葉酸なども配合されています。
値段も1包が約45円~約100円と安く設定され、長く続けやすくなっています。

これらが高齢者に人気の青汁となっています。
栄養分が豊富にあるにも関わらず飲みやすいものがほとんどです。
毎日欠かさず青汁を飲んで健康を維持していきましょう。
こちらの青汁関連サイトhttp://www.globalizationresearch.com/も、わかりやすい解説がたくさんあります。是非ご覧ください。

Menu