健康

高齢者に嬉しい青汁の成分とは

「高齢者に嬉しい青汁の成分とは」

青汁はもともと高齢者を中心に飲まれていました。
今のように飲みやすくなく苦くておいしくない頃からです。
そんな苦労をしてでも飲みたくなる栄養がたくさんあるということでしょう。
それは主にどのような栄養素なのでしょうか?

そもそも青汁はケール、大麦若葉、明日葉などが主流の原材料となっていて、いずれにも共通して含まれている成分があります。
大きく分けてビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含んでいます。

ビタミンは抗酸化作用があり、アンチエイジングに効果を発揮します。
つまり老化を防ぐ効果があるということです。
青汁を継続して飲んでいる方は若々しい人が多いと聞きますが、その秘訣はビタミンということなのでしょう。
また、カリウムやカルシウムもアンチエイジングの手助けをします。

そしてミネラルは血行促進の効果があります。
血圧を正常に保って血液中に血栓を作らせないようにしています。
ミネラルのうちカリウムの含有量が多いですが、火を通すとダメージを受けてほとんど失われてしまうので、できるだけ生野菜をそのまま食べるのが望ましいです。
青汁は生野菜を原料としているので、カリウムを摂取するのに最適な飲み物と言えるでしょう。

またビタミン、ミネラル、食物繊維のすべてによって生活習慣病の改善と予防にも効果を発揮します。
コレステロールを低下させたり、動脈硬化や高血圧などの改善や予防にも効果があるのです。

明日葉に含まれるクマリンという成分は、神経成長因子のNGFの生成を促進してアルツハイマーに効果があると言われています。
NGFはタンパク質の一種であり、神経細胞の修復や再生を促進する物質です。
そして葉酸も明日葉に多く含まれていて、葉酸もアルツハイマーの予防に効果があるとされています。

さらに葉酸は貧血予防にもなります。
貧血予防といえば鉄分ですが、この鉄分も青汁には含まれています。
高齢者は骨粗しょう症になりやすいので、その予防や改善のためにも青汁を飲むことで葉酸や鉄分を摂取すると良いでしょう。

毎日欠かさず青汁を摂取して、健康を維持しつつ元気な毎日を過ごせるようにしていきましょう。
こちらのサイトhttp://www.cdnn.info/も、青汁に関する情報が盛りだくさんです。是非ご覧になってみてください。

Menu