健康

子供に嬉しい青汁の成分とは

「子供に嬉しい青汁の成分とは」

最近は子供も野菜不足になりがちです。
そんなときに青汁で足りない野菜の栄養素を補給することができます。
子供にもより効果的な青汁の成分とはどのようなものなのでしょうか?

最も注目すべき栄養素はビタミンです。
ビタミンA、B、Cのいずれも豊富に含まれています。
ビタミンAの主な効能は目の疲労予防や夜間視力の向上です。
ガンの発生率を抑える抗ガン作用もあり、肌荒れの予防効果もあります。

ビタミンBはいくつか種類があります。
炭水化物の代謝を促進させて疲労回復も促すビタミンB1、DNAの合成を助ける機能をもち、睡眠を促して神経機能を正常化させるビタミンB12、
脂肪燃焼を促して皮膚を作り出すビタミンB2、ホルモンバランスを整えるビタミンB6など、それぞれの効能があります。
ビタミンCは抗酸化作用があり、免疫力を高めることができ、カゼやインフルエンザなどから体を守る働きもあります。

また、カルシウムも多く含んでいるので、骨の形成に作用したり骨粗しょう症の予防にもなります。
カリウムや鉄分も豊富に含まれ、生活習慣病予防や貧血予防にもなるので、子供はもちろんのこと大人も一緒に飲むと良いでしょう。

このような青汁に豊富に含まれる栄養素で、子供に足りない栄養を補給することができるのです。
元気に外で思いっきり走り回る子供にこそビタミンやミネラルが必要と言えます。

青汁は子供が飲んでも安全な健康食品ですが、食物繊維が多いので大量に飲んでしまうとお腹を壊してしまったり、まだ胃腸が未発達な幼児には消化が悪く、
胃腸に負担がかかってしまいます。
少しずつ飲むことから始めてだんだん量を多くしていくと良いでしょう。
また、子供が飲むものですので、無添加の青汁を選ぶべきだと思います。

青汁といえば苦くてまずくて飲みにくいものという印象が強いですが、最近では販売される種類が増えて飲みやすい青汁も出てきました。
大麦若葉を主に使用した苦味を少なくした青汁や、レモン味やハチミツ入りなどもあり、子供でも飲みやすいように作られたものもあります。
ヨーグルトに混ぜたり、ハチミツを加えて甘くしたり、牛乳に割ったりして飲みやすくすることもでき、ケーキの生地に混ぜ込むレシピも紹介されています。
おやつ感覚で青汁を摂取できれば、子供も嫌がることなく豊富な栄養素を摂ることができるのです。

↓味が苦手な子どもにおすすめの青汁

Menu